ホーム > マンション管理組合の方 > 管理組合運営業務

管理組合運営業務

マンション規約に関わる法律が変わったのをご存知ですか?
規約改正のサポートから管理組合、総会、理事会などの運営を補助

国土交通省により、従来の「中高層共同住宅標準管理規約」が「マンション標準管理規約」と改まり、その改正が平成16年1月に制定されました。 この規約の改定は、マンションを取り巻く環境の変化を踏まえた内容が盛り込まれており、

  • 1.マンション修繕に係る費用や個所、時期などの履歴情報の整理・管理
  • 2.日常的なトラブルの未然防止や大規模修繕工事の円滑化に向けた居住者間のコミュニティの形成
  • 3.未納管理費の請求
  • 4.環境・防犯問題
  • 5.インターネット通信設備や宅配ボックスなどの共用部としての規定、ペット飼育などの規約案文例の充実

などが新たに加わっています。

改訂前の規約を基にマンション規約が作成されているマンションでは、実情とかけ離れた運営をしなければなりません。そうした改正法に基づいた規約改正をサポートいたします。

また、現実問題としてマンションの維持、管理の財源として欠かせない管理費の未納においては、長期滞納をなされている組合員の方への督促、さらには訴訟、法的措置といった内容につきましてもご提案申し上げます。

このようにマンション管理組合の運営業務は大きく様変わりしつつあります。埼玉県住宅供給公社は、こうした規約改正や未納管理費といった大きな案件だけでなく、一般的な管理組合・総会・理事会に関する運営の補助、見逃せない駐車場などの管理などについてもアシストいたします。

主な管理組合運営業務
・マンション規約の改定
・管理組合費など未納者への督促および訴訟、法的措置などの立案
・管理組合・総会・理事会などの運営補助
1.入居者登録台帳の作成および保管、組合員移動届出書の受理代行
2.総会などの開催日程の調整・連絡
3.共用部分にかかる損害保険などの各種契約の代行
4.大規模修繕計画の立案および補助
5.官公庁および業者への問い合わせ
6.図書・図面などの書類保管
・駐車場などの管理
1.使用契約者の把握、契約の補助
2.保管場所証明書の発行代行