埼玉県住宅供給公社

相談事例集

住宅確保困難

親族等の保証人がいない

賃貸住宅を探しています。親族等の保証人を求められるのですが、身寄りがないことから保証人をたてることができません。どうしたらよいでしょうか。
家賃債務保証会社の審査がとおり承認を得られた場合には、保証会社の保証を付けることで、親族等の保証人は不要とする賃貸住宅もありますから、仲介業者にそうした住宅のあっせんを依頼してはいかがですか。なお、家賃債務保証とは、家賃等を滞納した場合に、連帯保証人と同様に、家賃等の債務を保証してくれるものです。また、保証人を要求される理由の一つとして、退去時の残存家財等の処理にお金がかかるといったことがあげられますが、これらを退去者に代わって行う民間のサービスもあります。

住民サービスについて

老夫婦で暮しています。急病や将来の孤立死が心配です。安否確認や見守りサービスについて教えてください。
緊急時の対応や安否確認など、市町村によっては、緊急通報機器の貸し出しや、見守りサービスなどを行っています。
サービスの内容や利用条件などは、実施している市町村により異なります。最寄りの市町村に問い合わせてください。
また、市町村以外にもNPO法人や、民間による有料での安否確認や見守りサービスも増えてきています。サービス内容や料金等を確認し、目的にあったものを選択しましょう。

セーフティーネットについて

年金暮らしなので、家賃を安く抑えたい。
県営住宅や市営住宅等の公営住宅は、住宅確保要配慮者の方に向けて所得に応じた家賃で住まいの貸し出しを行っております。申込要件に当てはまる場合には、ぜひご検討ください。
※1.収入月額の計算式やその他申込資格は下記をご確認ください。
<リンク>県営住宅の概要

県営住宅をお探しの方


※埼玉県住宅供給公社では13市の管理代行を行っております。
13市以外の市についてはお住いの自治体にご相談ください。
<リンク>市営住宅の概要

市営住宅をお探しの方


その他、「住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅として民間の空き家を貸し出している<セーフティネット住宅>」や、「住宅確保要配慮者の方に向け、主に仲介手数料0.5か月分(税別)以下の物件情報を掲載している<安心ちんたい検索サイト>」もございます。下記リンクより検索いただき、気になる物件がございましたら各問い合わせ先にご相談ください。
<リンク>セーフティネット住宅情報提供システム
https://www.safetynet-jutaku.jp/guest/index.php
<リンク>安心ちんたい検索サイト
http://www.saigaishienjutaku.com/

セーフティーネットについて

単身で高齢のためと貸してもらえない。
県営住宅や市営住宅等の公営住宅は、「60歳以上は入居できない」という制限はなく、申込資格があればお申込みいただくことができます。申込要件をご確認いただき、ぜひご検討ください。
※埼玉県住宅供給公社では県営住宅及び13市の管理代行を行っております。13市以外の市についてはお住いの自治体にご相談ください。
<リンク>県営住宅の概要

県営住宅をお探しの方


<リンク>市営住宅の概要

市営住宅をお探しの方


また、URの賃貸住宅にて高齢者向け優良賃貸住宅の募集をしていることもあります。
お近くのUR営業センターにお問い合わせください。

その他、埼玉県では高齢者やひとり親、外国人世帯等の住宅確保要配慮者の方の住まい探しに協力する不動産会社を「あんしん賃貸住まいサポート店」として登録しています。
下記より検索が可能ですので、お住まいの市町村にて登録されている不動産会社にご相談ください。
<リンク>あんしん賃貸住まいサポート店リストの検索|埼玉県住まい安心支援ネットワーク
https://www.sasn.jp/search/

セーフティーネットについて

低所得により保証会社の審査が通らない。
管理会社や大家さんが独自で審査している物件のあっせんを仲介業者に依頼してみてはいかがでしょうか。また、大家さんによっては保証会社の代わりに連帯保証人を立てることで入居を許可してもらえることがあります。親族等で連帯保証人になってくれる方がいる場合には、一度大家さんや仲介業者に相談してみてください。

それでも「保証会社でなければならない」と言われた場合には、埼玉県で登録されている居住支援法人にて家賃債務保証の相談を受け付けている法人がございますので、そちらにご相談ください。年齢制限のない審査をしているところもございますので、そちらをご利用いただくことで入居が可能になるケースもございます。
<リンク>住宅確保要配慮者居住支援法人の指定について
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/114783/060105kyojuusienhoujinichiran.pdf
※ご利用は有料となります。

また、保証対象になっている場合には、一般財団法人高齢者住宅財団でも家賃債務保証制度を利用できる場合があります。
(一財)高齢者住宅財団 TEL:0120-602-708
<リンク>https://www.koujuuzai.or.jp/

その他、県営住宅や市営住宅等の公営住宅、UR賃貸についてはそれぞれ申込資格があり、保証会社の審査は行っておりません。
公営住宅については、下記の申込要件をご確認ください。
※埼玉県住宅供給公社では県営住宅及び13市の管理代行を行っております。13市以外の市についてはお住いの自治体にご相談ください。
<リンク>県営住宅の概要

県営住宅をお探しの方


<リンク>市営住宅の概要

市営住宅をお探しの方

UR賃貸については、お近くのUR営業所にご相談ください。

セーフティーネットについて

生活保護を受けており、物件がなかなか見つからない。
まずは、お住いの自治体の福祉課にご相談ください。ケースワーカーや福祉課と連携している社会福祉協議会等が一緒に探してくれる場合もあります。

また、県営住宅や市営住宅をお申込みいただくことができます。下記リンクより申込要件等ご確認いただき、ぜひご検討ください。
※埼玉県住宅供給公社では県営住宅及び13市の管理代行を行っております。13市以外の市についてはお住いの自治体にご相談ください。
<リンク>県営住宅の概要

県営住宅をお探しの方


<リンク>市営住宅の概要

市営住宅をお探しの方

その他、埼玉県で登録されている居住支援法人の中には生活保護受給者の入居支援相談を受け付けている法人もございます。下記リンクよりご確認いただき、ご相談ください。
<リンク>住宅確保要配慮者居住支援法人の指定について
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/114783/060105kyojuusienhoujinichiran.pdf
※ご利用は有料となる場合があります。

セーフティーネットについて

連帯保証人や緊急連絡先になってくれる人がいない。
家賃債務保証会社の審査がとおり承認を得られた場合には、保証会社の保証を付けることで、親族等の連帯保証人は不要とする賃貸住宅もあります。まずは、仲介業者にそうした住宅のあっせんを依頼してみてください。なお、家賃債務保証とは、家賃等を滞納した場合に、連帯保証人と同様に、家賃等の債務を保証してくれるものです。また、連帯保証人を要求される理由の一つとして、退去時の残存家財等の処理にお金がかかるといったことがあげられますが、これらを退去者に代わって行う民間のサービスもあります。 
埼玉県ではこのような民間のサービスを行っている法人を居住支援法人として登録しています。その中には入居者への身元保証事業等を行っている法人もございますので、下記リンクよりご確認いただき、ご相談ください。
<リンク>住宅確保要配慮者居住支援法人の指定について
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/114783/060105kyojuusienhoujinichiran.pdf
※ご利用は有料となる場合があります。

セーフティーネットについて

外国人だからと断られる。
外国人総合相談センター埼玉にて、福祉相談を受けることができます。ご相談ください。
 <リンク>https://sia1.jp/foreign/advice/ TEL:048-833-3296

また、埼玉県では高齢者やひとり親、外国人世帯等の住宅確保要配慮者の方の住まい探しに協力する不動産会社を「あんしん賃貸住まいサポート店」として登録しています。
下記より検索が可能ですので、お住まいの市町村にて登録されている不動産会社にご相談ください。
<リンク>あんしん賃貸住まいサポート店リストの検索
https://www.sasn.jp/search/

その他、県営住宅や市営住宅等の公営住宅、UR賃貸は申込資格があれば、外国人の方でも入居が可能です。
公営住宅については、下記の申込要件をご確認ください。
※埼玉県住宅供給公社では県営住宅及び13市の管理代行を行っております。13市以外の市についてはお住いの自治体にご相談ください。
<リンク>県営住宅の概要

県営住宅をお探しの方


<リンク>市営住宅の概要

市営住宅をお探しの方

UR賃貸については、お近くのUR営業所にご相談ください。

セーフティーネットについて

DV被害者で住まいを探している。
緊急で避難をされたい、という場合にはまずは身の安全の確保のため、お住いの市町村役場や埼玉県婦人相談センター、埼玉県男女共同参画推進センター等にご相談ください。民間のシェルター等に避難できる場合があります。
・埼玉県婦人相談センター TEL:048-863-6060
・埼玉県男女共同参画推進センター TEL:048-600-3800

また、緊急ではなくても、別居する予定の方は、県営住宅や市営住宅にお申込みいただける場合があります。
ただし、資格審査にて保護決定書等の証明書が必要になります。詳細は各公営住宅の募集案内書をご確認ください。

その他、埼玉県では高齢者やひとり親、DV世帯等の住宅確保要配慮者の方の住まい探しに協力する不動産会社を「あんしん賃貸住まいサポート店」として登録しています。
下記より検索が可能ですので、お住まいの市町村にて登録されている不動産会社にご相談ください。
<リンク>あんしん賃貸住まいサポート店リストの検索
https://www.sasn.jp/search/

セーフティーネットについて

自分で物件を探すことが困難である。
お住いの市にて、社会福祉協議会や民生委員等で物件探しに協力してくれる場合があります。
まずはお住いの市役所の福祉課にご相談してみてください。
さいたま市にお住いの場合、住宅確保要配慮者の方の住まい探しに対して支援してくれる「さいたま市居住支援協議会」がございますので、そちらにお問い合わせください。
お問い合わせ先:さいたま市 住宅政策課 048-829-1520

その他、埼玉県で登録されている居住支援法人では、物件探しに協力してくれる法人もございます。下記リンクをご確認いただき、ご相談ください。
<リンク>住宅確保要配慮者居住支援法人の指定について
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/114783/060105kyojuusienhoujinichiran.pdf
※ご利用は有料となる場合があります。

セーフティーネットについて

建物の取壊し等で現在の住まいから退去しなければならない。
貸主から退去を求められた場合には、退去費用を請求することができます。退去費用を提示されていない場合には、大家に退去費用を請求しましょう。

退去するまでに比較的時間に余裕のある方は、申込資格があれば、県営住宅や市営住宅等の公営住宅にお申し込みをしていただくことが可能です。下記リンクよりご確認いただき、ぜひご検討ください。
※埼玉県住宅供給公社では県営住宅及び13市の管理代行を行っております。13市以外の市についてはお住いの自治体にご相談ください。
<リンク>県営住宅の概要

県営住宅をお探しの方


<リンク>市営住宅の概要

市営住宅をお探しの方

ただし、公営住宅にお申込みいただいても、すぐにまたは必ず入居できるとは限りません。退去までの時間的な余裕がある方も、ない方も民間やUR賃貸での住まい探しを進めてください。
埼玉県では高齢者やひとり親、外国人世帯等の住宅確保要配慮者の方の住まい探しに協力する不動産会社を「あんしん賃貸住まいサポート店」として登録しています。
下記より検索が可能ですので、お住まいの市町村にて登録されている不動産会社にご相談ください。
<リンク>あんしん賃貸住まいサポート店リストの検索
https://www.sasn.jp/search/

UR賃貸については、お近くのUR営業所にご相談ください。